<新型コロナウイルス(COVID-19)ブレイクスルー感染(Breakthrough infection)について>

新型コロナワクチンを接種した後でも感染する可能性があり、それをブレークスルー感染(Breakthrough infection)と呼びます。新型コロナワクチンの場合、2回目の接種を受けてから約2〜4週間で十分な免疫の獲得が期待されますので、それ以降に感染した場合にブレークスルー感染と呼んでいます。主な要因の一つとして、抗体価の減少があげられます。

 

抗体価を測定することで、正確な数値(免疫の獲得量)を知ることが重要になってきます。
当クリニックでは、N・Sタンパク抗体検査を随時受付しております。(予約不要)

お気軽にお問い合わせください。

新型コロナウイルス(COVID-19)N・Sタンパク抗体検査実施中